HOME »ブログ » 医療機関のSEO対策の現状(2)

Hero innovation BLOG

医療機関のSEO対策の現状(2)

2013年07月1日

医療機関のSEO現状(1)では、10年前から現在迄の医療機関におけるSEO対策及びHP露出対策の流れを説明させて頂きました。

では、現在では医療機関のSEOにおいてどのような方法が有効なのか?

そもそもSEOは、クリニックのホームページをヤフーやグーグルで検索した際に上位に表示させてHPのアクセスをあげて来院につなげる為のものです。
このアクセスをあげるという方法は、10年前、5年前に比べると多角化しておりSEOが唯一な方法ではなくなっている。
SEOで競う相手が、近くのクリニックのサイトではなく、大手企業が運営しているポータルサイトになったからです。
SEO対策で上位表示をさせる事は一昔前よりも労力がかかり、労力がかかるためコストもかかるというコストパフォーマンスは下がっている状況です

この状況を踏まえて弊社がサービスとして提供させて頂いているのが、
大手企業のポータルサイトを相手に対抗するのではなく、大手ポータルサイト内でクリニックの情報を掲載していく事です。
このポータルサイトとはグーグルマップやヤフーマップも含まれます。

ただ、一つ一つのポータルサイトに対して登録を行って行く事は効率的な事では有りません。

現状では100を超える医療機関情報サイトが存在しております。

弊社が取り扱っているメディカルプレスサービスでは医療機関向けポータルサイトはじめヤフーマップ・グーグルマップへの情報登録を一括して行います

広告効果として、弊社を通じて100を超える媒体に情報を登録する事が出来る事、
最新で正確な情報への修正として、過去の古い、診療所名や診療時間や標榜科目などを一括して書き換える事もできます。
新規開業時、移転時、継承時などに多くのドクターに導入を頂いております。

費用も初期費用で5万円、月々3,000円とSEOに比べても圧倒的に安い料金となっております。 お手軽に出来る対策としてお勧めしております。