HOME »ブログ » 医療広告ガイドラインを踏まえてのホームページ作成

Hero innovation BLOG

医療広告ガイドラインを踏まえてのホームページ作成

医療広告ガイドラインの規制が年々厳しく詳細化されております。

今までは、看板やチラシ等が特に要注意媒体であり、ホームページは比較的自由な媒体として取り扱われておりましたが、近年ホームページの医療広告における患者トラブルが増加した結果、ホームページの内容についても規制が厳しくなっております。

基準は :虚偽広告 :比較広告 :誇大広告 :広告を行うものが客観的事実であることを証明できない内容の広告 :公序良俗に反する内容の広告

具体的なPointをいくつか上げて説明すると

*効果効能についての表現
*症例のビフォーアフター
*価格についての表記法法
*患者の声 等が觝触し易いPointです

医療機関の広告を飲食店や小売業と同じ様な基準でしてしまうと、保健所から指摘が入り罰となる可能性もあります。毎年制度も更新している為、医療広告を理解している業社に創案する事をお勧めします。

今掲載しているホームページ等も、規制の対象となる為一度相談頂ければ無償で診断も致します。お問い合わせ下さい 。http://www.hero-innovation.com/company.html