HOME »ブログ » 医療機関のヤフー広告(リスティング):医療広告ガイドライン改正の影響

Hero innovation BLOG

医療機関のヤフー広告(リスティング):医療広告ガイドライン改正の影響

医療広告ガイドラインの変更に伴いヤフープロモーション(ヤフー広告)のルールが変更され審査が厳しくなっております。

医療広告ガイドラインを理解した上での、リスティング運営の事はお気軽にご相談下さい。
以下ヤフーからの通達文 医療法、医療広告ガイドラインを遵守と書かれてますが、厳密にはヤフー自体も不透明で判断がつかない部分だと思います 結局は、ヤフーも通達で防御線を張って、保健所の出方をみて行くしか無いというのが現状ですね・・・

1. 適用開始日: 2014年1月6日(月) *日程は変更になる場合があります。 *すでに承認済みの掲載内容については2014年2月3日(月)以降に適用されます。2. 変更される条項: 第5章 業種、商品、サービスごとの掲載基準があるもの 12. 医療機関 3. 変更内容: 新たに(5)が追加となります。 (1)日本国内の医療機関であること (2)所在地、連絡先の表示があること (3)医療機関の治療責任者の経歴(学歴および当該医療機関における勤務、経験年数がわかるもの)を表示すること。医療機関が老人ホームを運営している場合もこれに準じる (4)公的医療保険が適用されない治療技術が紹介されている場合は、公的保険が適用されない旨または診療金額が表示されていること (5)医療法および医療広告ガイドラインで規定されている内容を遵守していること 4. 広告作成における留意点: 「医療広告ガイドライン」の更新に伴い、クリエイティブからのリンク先のサイトについても広告として取り扱われることになりましたので、医療法および医療広告ガイドラインの内容をよくご確認いただき、法令等を遵守した広告作成をお願いいたします。

以下に医療法および医療広告ガイドラインで規制されている内容を一部列挙いたしますが、あくまで一例となりますので、詳細は下記URL内の内容をご確認ください。 <禁止される表現例> ・手術前後の写真等による治療効果(広告できない事項の暗示的表現) ・著名人が当該医療機関の患者であること(優良誤認とされる広告) ・他の医療機関と比較して優良であること(比較広告) ・患者の体験談を紹介すること(客観的事実であると証明できない広告) ・費用を強調すること(品位を損ねる内容の広告) 「医療広告ガイドライン」厚生労働省 http://www.mhlw.go.jp/topics/bukyoku/isei/kokokukisei/dl/shishin.pdf