スマホサイトの重要性

スマホサイトの重要性

今回のHEROブログを担当させて頂きます、大阪支店の北村(キタムラ)と申します。
大阪支店は2018年2月にスタートを切りまして、大阪・兵庫・京都を中心に関西エリアを担当させて頂いております。

 

現在、ロシアで4年に一度のサッカーの祭典・W杯が開催されており、睡眠不足の方も多いのではないでしょうか?
全試合観戦したいけど、真夜中の試合は翌日がツラい・・・ということで、私は翌朝結果をネットでチェックしています。
もちろんスマホで!

 

ちょっとした移動時間やスキマ時間でも、手軽に情報にアクセスできるというのは、やはり便利なものです。
パソコンよりも、ついついスマホで調べ物という時代です。

 

 

 

クリニックのホームページも例外ではありません。

 

2017年のデータでは、スマホの保有率は約80%を超えており、60代以上でも約55%の方がスマホを
持っているという数字が出ています。
(しかもしっかりと使いこなしている方も多い気がします。70になる母親からも、新しいスタンプを
バンバン使ったメッセージが来たりします)

 

看板を見たり、知り合いからクチコミであそこのクリニックが良かったよ。と聞いたりした後に、その場でスマホを使って
ホームページをチェック。というのが、今の時代の患者さんの行動です。

 

実際に2015年よりGoogleのアルゴリズムの変更により、スマホに対応していないサイトは検索で不利になる傾向と
なっているようです。

 

しかし、「スマホに対応さえしていれば安心!!」という訳でもありません。
パソコン版のサイトとは別にスマホ版のサイトを作った場合、よーく見ると下記のようにURLが異なることがあります。

・PCサイト   http://〇◯◯-cl.com/

・スマホサイト http://◯◯◯-cl.com/sp/

つまり、同じクリニックのサイトでも別のサイトになり、分散されて検索にも弱くなってしまいます。

 

一方、弊社がオススメしているレスポンシブ対応のサイトだと、見るデバイスの画面の大きさに合わせて
自動的に最適化されます。スマホで見ればスマホの画面サイズに、タブレットで見ればタブレットの画面
サイズに勝手に合わせてくれるんです。もちろんURLも同じです。

実は現在、Googleが推奨しているのも、このレスポンシブ対応なんです。
(ちなみに皆さんがよくご覧になるYahoo!の検索結果も、Googleの検索結果に準じていると言われています)

 

せっかくホームページを作ったのに、検索が弱くて見てもらえなければ、当然効果は期待できません。
クリニックを知ってもらい、来院してもらうためにも、「検索に強い」サイトを是非目指しましょう!
その対策の一つとして、「レスポンシブ対応」のサイトであるというのは重要な要素となります。

 

他にも色々な要素はありますが、またの機会にお話させて頂きます!
関西の皆さま、今後とも宜しくお願い致します。

 

株式会社HERO innovation
大阪支店
北村 崇(キタムラ タカシ)

 

Views All Time
1
Views Today
2

Categorys

Tags

Authors

北原愛子

北原愛子

福岡県出身。
延塚裕次

延塚裕次

こんにちは!延塚です。 ・WEB戦略について相談がある方 ・開業時の広告戦略について相談したい方 ・何から始めれば良いかわからない方などなんでもお気軽にご相談ください。