医療広告規制って何?(医療広告ガイドラインの話 その1)

医療広告規制って何?(医療広告ガイドラインの話 その1)

こんにちは。
とにかく明るい北原です。

今回は2018年6月に改正された医療広告規制の話題にちょっと触れようかと思います。

ですがその前に・・・、最近よく耳にする言葉があります。
「それは広告だから掲載できないですよね!?」
・・・いやいや、その捉え方は間違っていますよ〜!

医療は人の生命・身体に関わるサービスであり、不当な広告により受け手側が誘引され、不適当なサービスを受けた場合の被害は、他の分野に比べ著しいとされるがゆえに広告などを行ってはいけない、と言うような固定概念を持っている人たちがまだまだいるようです。

大丈夫です。そんなに広告を恐れることはありません。
「広告規制」という言葉だけで見るので、そう思い込んでしまいがちなのです。
医療に関する広告について可能な内容に関しては「平成19年厚生労働省告示第108号、 医療法第二節 医業、⻭科医業又は助産師の業務等の広告 第六条の五」に取りまとめられ、記載されています。
その中に書いてある内容に沿っていれば、広告を行う事は全くやぶさかではないという事なのです。

しかしその内容はあまりにも限定的で汎用性が低く、クリニックの性質をしっかりと表現できるかと言うと、決して十分ではありません。また、広告とされるものの中でも曖昧な立ち位置のものも多いため、ある程度の適正化を行うための指針として「医療広告ガイドライン」は作成されているのです。
つまり、医療広告ガイドラインの条件を満たしていれば、広告は行っても良いものなのですね〜。

 

では、なぜ2018年に医療広告ガイドラインは「改正」されることになったのか?

それはこれまで「広告」としてはグレーな存在だった「インターネットのWEBページ」の影響が非常に大きくなり、特に美容医療や自費診療を主とする治療に関しての誤った情報や誇大表現から、大きなトラブルに発展するケースが近年で増大したからなのです。
2018年の改正では、ここが大きなポイントになりました。
それまで、ホームページはクリニックや病院の広報とした位置づけであり、広告とはみなされていませんでした(*一部を除く)。「医療機関ホームページガイドライン」という指針はありましたが、違反してもさほど重大な罰則などが発生するわけでは無く、行政指導が行われる程度でしたが、今回の改正によって「医療機関ホームページガイドライン」は「新医療広告ガイドライン」に集約され、インターネットのWEBページであるホームページも全て「広告」とされ、罰則の対象となることになったのです。

なぜ医療広告規制というものがあるのかの経緯はこれでご理解できましたね。
次回、また私の出番の時にもっと詳しい内容を記載させて頂きますので、本日はここまでです。

それではまたお会いしましょう〜♪

 

*規制以前から、一般的なWEB広告等に紐づけられているホームページなどは広告とみなされており、
当時のガイドラインの影響下にありましたのでこのような表現としております。

 

Views All Time
3
Views Today
4

福岡県出身。

福岡県出身。

Categorys

Tags

Authors

北原愛子

北原愛子

福岡県出身。
延塚裕次

延塚裕次

こんにちは!延塚です。 ・WEB戦略について相談がある方 ・開業時の広告戦略について相談したい方 ・何から始めれば良いかわからない方などなんでもお気軽にご相談ください。