広告において他院とどうやって差別化するか

  • 2018.10.26 Fri
  • Category:

広告において他院とどうやって差別化するか

こんにちは。東京本社の井手口です。

すっかり秋めいてきました。朝お布団から離れるのが、徐々に苦痛になってきています。。。

 

さて、最近は春開業に向けて社内が慌しくなってきました。

ありがたいことに、年々お話を頂く機会が増えている弊社ですが

中には同時に同じ診療科目の先生を担当させて頂くこともあります。

 

そして、もちろんですが

開業場所の近くに、同じ診療科がすでに開業されている場合もあります。

 

そこで、今回は「どうやって他医院と差別化していくか?」を広告視点でお話できればと思います。

 

まず、弊社の一番の強みでもあるホームページについてです。

ホームページを作成するにあたり、1番の肝となるところ、

それは先生へのヒアリングとなります。

 

どんな思いで開業するのか、どんな患者様の層に来院して欲しいのか、

どんなクリニック にしていきたいのか。などなどです。

 

これを”コンセプト”や”当院の特徴”としてまとめていきます。

「どこのクリニックでも同じことやっているから、ネットに敢えて表記しなくても・・・」と思われている事が多いですが

伝え方を変えたり、想いを付け足すだけでも、インパクトがある言葉が完成します。

 

例えば、小児科ですと・・・

 

・女性医師の場合

◆ご自身も子育て経験があり、

利便性の良いショッピングモールに開業して、買い物から処方箋薬局まで全てが完結する場所を選んだ

・土日診療の場合

◆日曜日も診療しています。それは「パパと一緒に来れる」クリニック にしたかったから

・「病気をもらってこないか不安」なお母さんのために

◆二次感染を防ぐために、隔離室を準備しています

 

その他にも、インターネット予約システム、バリアフリー対応、おむつ交換台設置、混雑状況の表記etc..

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なぜ、そのシステムをクリニックに導入したのか?

そこには先生にしか分からない想いが詰まっている事が多々あります。

 

弊社はヒアリングを元に、

先生の「想い」を表現した広告作りを行っています。

実績があるからこそ、そこにある想いを色々な言葉に変換することもできます。

 

もちろん、先日の北原の記事にもあるように

医療広告規制に沿ってサイトを作成していきます。

 

どうやって他院と差別化していくか?

お困りの際は、お声がけください。

 

 

 

季節の変わり目です。

皆様、ご自愛くださいませ。

 

 

 

 

 

 

 

株式会社Hero-innovation

東京本社 井手口

Views All Time
3
Views Today
4

Categorys

Tags

Authors

北原愛子

北原愛子

福岡県出身。
延塚裕次

延塚裕次

こんにちは!延塚です。 ・WEB戦略について相談がある方 ・開業時の広告戦略について相談したい方 ・何から始めれば良いかわからない方などなんでもお気軽にご相談ください。