クリニックにおけるSEO対策

クリニックにおけるSEO対策

2017年2月から福岡支店に配属いたしました延塚(のぶつか)と申します。
福岡を中心に九州エリアを担当させて頂いております。
こちらには6回目の投稿となります。

大層なタイトルをつけましたが、タイトル負けしないよう頑張って書きます。

以前、弊社2名が、同じくSEO対策の記事を書かせて頂きました。

【北村の記事】
https://hero-innovation.com/project/tag_blog/seo%E5%AF%BE%E7%AD%96/

【井手口の記事】

SEO対策の重要性

そもそもSEO対策をする必要があるか?について語らせて頂きますと、
最低限の対策は必要かと考えます。
私の感覚としては、クリニックを探す際に、比較的

・男性:1ページ目の一番上にあるクリニック、もしくは一番近いところに選択して行かれる。
・女性:1ページ目にある平均3クリニックほどのHPを観て比較して行かれる。
ケースが多く感じております。
ちなみに、ホームページの閲覧数でいうと、女性が男性の2倍ちかく見られております。

女性の視点でみると、どんな先生なのか、どんな雰囲気なのかを重視しているようです。
デザイン面もそうですが、まずは検索で上位に上がってくることが必要になってきます。そうしないと誰も見つけることができません。

当ホームページ(ブログ)でも同じようなことが言えるとおもいます。
こちらの記事を書かせていただいておりますが、見られなければ意味がありません。私の自己満足になってしまいます。はい。

各検索サイトの利用率ですが、Google約7割、ヤフー約2割、その他約1割と言われております。
ヤフーの仕組みが、Googleと同様の仕組みを使用しているので、Googleの対策さえすれば、ほとんど9割近くほぼ対応ができるということになります。

どうすれば検索サイトで上位に表示されるかについてですが、、、ここは会社様によって考え方が違う部分になると思いますので、書くのは控えさせていただきます。(他のHP制作会社様にも見られていると思うので)

逆に、どうしたら検索サイトで表示が下がるかについて、事例がありましたので、ご紹介させて頂きます。
弊社のお客様ではなく、ご相談いただいたAクリニック様ですが、

「地域〇〇 診療科目●●」という検索で、1ページ目の上位に表示されておりましたAクリニック様ですが、月日が経つごとに順位が落ちていき、現在では3ページ目になっているとのことでした。

分析をしてみると、いくつか原因を見つけることができました。
人間の目ではわからぬ部分で、上位表示されやすいようGoogleを騙そうとしている箇所が発見されました。
(こちらの話しはまた今度)

こちらはその後、対策はされたのですが、一度下がった順位が戻る保証はありません。とてもつらいことですね。人間関係と一緒です。

本日はこの辺で。

我々ヒーローは、

・自分のためでなく、誰かのために行動をする強さを持つ事

・固定概念に捕らわれず、常に自分自身をイノベートする事

・常に挑戦者であり続ける事

・心の中に感謝の気持ちを持つ事

をモットーに、皆様のお役に立てるよう、勇往邁進いたします。

 

Views All Time
2
Views Today
3

こんにちは!延塚です。 ・WEB戦略について相談がある方 ・開業時の広告戦略について相談したい方 ・何から始めれば良いかわからない方などなんでもお気軽にご相談ください。

こんにちは!延塚です。 ・WEB戦略について相談がある方 ・開業時の広告戦略について相談したい方 ・何から始めれば良いかわからない方などなんでもお気軽にご相談ください。

Categorys

Tags

Authors

北原愛子

北原愛子

福岡県出身。
延塚裕次

延塚裕次

こんにちは!延塚です。 ・WEB戦略について相談がある方 ・開業時の広告戦略について相談したい方 ・何から始めれば良いかわからない方などなんでもお気軽にご相談ください。