ホームページにおけるターゲット層

ホームページにおけるターゲット層

みなさん、こんにちは。大阪支店の北村です。

今回は、ホームページ全体の雰囲気や方向性を決める上での鍵になってくるとも言われる
「ターゲット層」についてお話したいと思います。

 

クリニックのホームページを作るにあたり、「カッコいいホームページにしたい!」とか、
「可愛い感じにしたい!」といったイメージは何となくお持ちだと思います。
しかしそれは誰から見ての印象でしょうか?

もちろんせっかく作るのですから、自分の好みに合ったイメージの物を作りたいのは当然です。
ですが、クリニックのホームページは見る人(患者さん)に良い印象を持ってもらい、来院して
頂くきっかけの役割が重要です。

つまり、どのような方が見るのかを考えてサイトイメージを考える事が大切になってきます。

例えば小児科のホームページで、高級感のあるカッコいいホームページに仕上がったとしても、
それを見るのはお母さんとお子さまです。
恐らくカッコいいとは思ってもらえても「行ってみよう」とはなり難いでしょう。
やはり可愛らしく優しい雰囲気で、親やすいデザインが好まれる傾向が強く、来院へのハードルも下がりやすいです。
つまり、ご自身の診療方針と患者さんのターゲット層をしっかりイメージすることが大切になってきます。

では、お子さまから高齢者の方まで幅広い層にご来院頂く場合はどうすれば良いの??
と、なりそうですが、マーケティング上ではママさん層をターゲットにすると効果が高いと言われています。
お母さんがホームページを見て調べて、お子さまを連れて来る。
旦那さん、ご両親など家族に勧める。
ママ友たちにクチコミで拡めてくれるなど
良いと思ったものは、どんどん周りに紹介してくれるのです。

逆に自費診療をメインにお考えの場合は、しっかりした技術力やブランドイメージもクリニック選びの
重要な要素になるので、高級感のあるホームページが効果的になってきます。

そう考えると、ホームページを作る際は、どんな人が見てくれるかをしっかりイメージする事が
大切と言えそうですね。

 

Views All Time
2
Views Today
5

Categorys

Tags

Authors

北原愛子

北原愛子

福岡県出身。
延塚裕次

延塚裕次

こんにちは!延塚です。 ・WEB戦略について相談がある方 ・開業時の広告戦略について相談したい方 ・何から始めれば良いかわからない方などなんでもお気軽にご相談ください。