ロゴマークの必要性

ロゴマークの必要性

初めまして。HEROinnovation福岡支店のPromotion事業部に所属しております西島と申します。

福岡生まれ福岡育ちの生粋の福岡人でございます。福岡支店をより一層盛り上げていこうと日々奮闘中でございます。

私事はそれまでにして、今回は「ロゴマークの必要性」について、お話したいと思います。

みなさん、ロゴマークって必要だと思いますか?

クリニック名だけ掲げておけば大丈夫だろう、そんなの患者さんは見ないよなど、様々な意見があると思います。

弊社では広告媒体を制作する上でロゴマークは非常に重要なモノとして位置付けております。

そもそも広告という言葉の意味は「広く世間に知らせること、人の関心を引きつけること」です。

クリニックを開業するに当たって、いかに世間の人に覚えてもらうか、興味を持ってもらうかが重要になってきます。

そこでロゴマークは非常に有効なモノとなってきます。

クリニックとは違いますが、例えば、「ナイキ」と言えば、みなさんもあのロゴマークが出てくるはず、「Apple」と言えば、あのリンゴをかじったようなマークが頭に浮かぶはずです。その逆もそうです、そのロゴマークを見れば、なんのメーカー、企業がすぐに頭に浮かびますよね。ロゴマークがあることによって、認知しやすい、覚えてもらいやすくなります。

ではどんなロゴマークにしたらいいのか?

ロゴマークはクリニックのシンボルマーク(顔)になります。

ただなんとなく好きな動物にしようかな、クリニック名を変形させて作ったらいいか、安易な考えで制作するのはオススメしません。

ロゴマークには以下の内容を盛り込んで頂くことより、クリニックに合う、先生に合う、ロゴマークができると考えております。

 

・クリニックイメージ

・診療理念

・ポリシー

・科目

・ターゲット層

 

以上のことを踏まえることで、ロゴマーク一つでクリニックの方針・イメージをアピールするとともに、スタッフさんの意識向上、チームワークにも役立ちます。

なので、ロゴマークを制作する前にどういったクリニックにしたいかの方針・イメージを固めておくことをオススメします。

一例ですが、私がお手伝いしたクリニックで、ペインクリニックといって身体の痛みや症状(肩こり、腰痛、捻挫、むちうちなど)から痛みの原因を多角的に診断し、治療していくクリニックがありました。

このクリニックのロゴマークは紙ヒコーキが空高く飛んでいくイメージで制作しました。

これは先生とのお話の中で小さい頃からおまじないのように聞いてきた「いたいのいたいのとんでいけ」をロゴに盛り込みたいというところから生まれました。この言葉はお子様~おじいちゃん・おばあちゃんでも分かる言葉です。先生のターゲット層もお子様~高齢者とのことでマッチングしているなと思いました。こういった意味を知るとより覚えやすいロゴマークになったんではないかなと思います。

ということで、ロゴマークって重要・必要なモノと認識頂ければ幸いでございます!

拙い文章ではございましたが、最後まで読んでいただいた方、ありがとうございました!

 

株式会社HERO innovation

福岡支店 西島 悠太(にしじま ゆうた)

Views All Time
2
Views Today
4

Categorys

Tags

Authors

北原愛子

北原愛子

福岡県出身。
延塚裕次

延塚裕次

こんにちは!延塚です。 ・WEB戦略について相談がある方 ・開業時の広告戦略について相談したい方 ・何から始めれば良いかわからない方などなんでもお気軽にご相談ください。