作った後も大事

作った後も大事

みなさま、こんにちは。

HEROブログ3回目の登場、福岡本社の古城(こじょう)です。

 

最近はスポーツの秋・・・とは違いますが、日本全国でスポーツが盛り上がってますね。

ラグビー、バスケットボール、サッカー、野球・・・と毎日話題が尽きません。

次に流行るのは東京五輪でしょうか?

 

話は変わって、皆様はホームページを作った後、どうされていますか?

よく聞くのが「競合他院より検索上位に!」です。

もちろん、弊社では土地柄、競合の分析などの戦略を練って広告展開プランをご提案させていただいております。

3〜4ヶ月の制作期間には先生の要望やこだわりをヒアリング、コンテンツは先生ご自身のオリジナルで作っていただき、それらを反映させて初めて形になります。

・・・実は、ここで終わりではありません。

ここからも大事なのです。

ホームページを作って検索エンジンに認識させ、検索で上がってくるまで2〜3ヶ月の時間が必要です。

ただ、これは待っていれば、出来るものでもありません。

休診日や診療時間の変更などを患者に伝える『お知らせ』や、ブログ、ページの更新や新規作成など“手を加える”必要があります。

最近の検索エンジンはコンテンツを読み取り、専門性が高いことや、更新をしているのかを判断して評価をつけ、それが検索順位に反映されます。

いかにお金をかけて素晴らしいデザインを作っても、中身が医療機関として伴っていなかったり、更新せず放置していると、検索順位は露骨に出てきます。

また、毎月のアクセス数やどのページがよく見られているかなどを分析するツールを使うのも有効です。

弊社では毎月一度にレポートを配信しております。

この分析を見て、実はこのページは見られていない、内容が弱いなどの結果を読み取り、更新を行うことをオススメしております。

次に有効なのがブログです。

ブログは一つの記事を作るごとに1ページ増えていきます。

これは更新において、非常に大きな評価対象になり得ます。

ただし、ブログの内容もオリジナルで、医療機関として専門性が高いものが好ましく、グルメや天気、時事ネタは中々、評価してくれません。

よく見かけるのが、症例や治療などのコラムです。

本サイトの診療内容は難しいと思われるところを簡略化し、読みやすくすることで、検索にも引っかかりやすく、結果、本サイトよりブログが先に検索に表示されることもあります。

なかなか、通常の業務に加えて行うのは厳しいと思われるところですが、作った後のメンテナンスが大事です。

 

HEROでは培ってきたノウハウと実績が物語っている自身があります。

これから開業や継承をされる方、すでに開業していて集患でお困りの方もぜひ一度、HEROにお声掛けください。

Views All Time
2
Views Today
4

Categorys

Tags

Authors

北原愛子

北原愛子

福岡県出身。
延塚裕次

延塚裕次

こんにちは!延塚です。 ・WEB戦略について相談がある方 ・開業時の広告戦略について相談したい方 ・何から始めれば良いかわからない方などなんでもお気軽にご相談ください。