医療広告ガイドラインの勉強会

医療広告ガイドラインの勉強会

20172月から福岡支店に配属いたしました延塚(のぶつか)と申します。

福岡を中心に九州エリアを担当させて頂いております。

こちらには4回目の投稿となります。

私ごとで恐縮ですが、最近悲しい出来事がありましたが、
前向きに倒れ・・・ないように耐え忍び、この経験を活かして前に突き進みます。

猪突猛進。

今年の干支とかけまして。。。はい、延塚です。

遅くなりましたが、明けましておめでとうございます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 


さて今回は、先日社内の勉強会にて、医療広告ガイドラインの勉強会を開催いたしましたので、
重要な部分を一部抜粋し、記載させていただきます。(誤った情報を載せてしまわぬよう注意致します)

以下の内容は、平成3061日に施行された「医療広告ガイドライン」ならびに

平成308月に作成された「医療広告ガイドラインに関するQA」を元に大まかに記載させて頂いております。

全てが書ききれませんので、ご了承頂ければ幸いでございます。

また、今回の改正で「限定解除」の要件を満たせば、記載が可能なものもございます。

 

 

(1)基本的にNGなもの
①体験談の記載
 「こちらのクリニックはとても素晴らしいです(患者様)」など

②比較的表現
 「地域ナンバーワンのクリニックです」など

③安さの強調(二重価格記載も含む)
 「今なら20%OFF」「1万円が8,000円に」など

④専門家の説話、芸能人・著名人の来院
 「先日、●●さんが来院されました」など

⑤安全、無痛の表現
 「この治療は医学的に安全です」など。(無痛分娩は記載可能)

⑥「数」表現の記載
 1万名来院」「(個人医師の)1万人の手術実績」
 ※例外として、例えば開院後のトータル数を記載するのはNGであるが、
  年や月で推移として表現するのはOKであるとの事。
  手術実績については個人医師ではなく、院の手術数であることが条件。

⑦「プチ●●
 容易なものと捉えられる可能性がある為

 

 

(2)略歴関連(はっきりとわかっているもののみ記載いたします)
①博士号
 取得した年、取得大学を記載すれば可能

②学会所属
 学会のサイトに名簿等に記載されていれば可能

③専門医
 厚生労働省が認可した専門医であれば表記可能
 (厚生労働省が認可していない日本専門医機構認定のものについては、今後検討予定)

 

 

(3)ビフォーアフター・自由診療(限定解除)
①ビフォーアフター
 詳細な説明(具体的な治療内容、副作用、リスク等)が記載されていれば、記載可能。

②自由診療
 通常必要とされる治療内容、費用の明示、主なリスク、副作用等の情報の明示すれは、記載可能。
(正しい情報を包み隠さず伝えることが必要)


上記以外も重要な点はございますが、今回はこの辺で。

 

 

我々ヒーローは、

・自分のためでなく、誰かのために行動をする強さを持つ事

・固定概念に捕らわれず、常に自分自身をイノベートする事

・常に挑戦者であり続ける事

・心の中に感謝の気持ちを持つ事

をモットーに、皆様のお役に立てるよう、勇往邁進いたします。

株式会社HERO innovation

福岡支店 延塚 裕次(のぶつか ゆうじ)

Views All Time
1
Views Today
3

こんにちは!延塚です。 ・WEB戦略について相談がある方 ・開業時の広告戦略について相談したい方 ・何から始めれば良いかわからない方などなんでもお気軽にご相談ください。

こんにちは!延塚です。 ・WEB戦略について相談がある方 ・開業時の広告戦略について相談したい方 ・何から始めれば良いかわからない方などなんでもお気軽にご相談ください。

Categorys

Tags

Authors

北原愛子

北原愛子

福岡県出身。
延塚裕次

延塚裕次

こんにちは!延塚です。 ・WEB戦略について相談がある方 ・開業時の広告戦略について相談したい方 ・何から始めれば良いかわからない方などなんでもお気軽にご相談ください。