患者さんが知りたい情報ってなに?

患者さんが知りたい情報ってなに?

みなさん、はじめまして。今回H E R Oブログを初投稿させていただきます、東京本社の小場です。よろしくお願いします。

 

あっという間にお花見シーズンが過ぎ去り4月も後半に入ってしまいました。例年だとゴールデンウィークに向けてワクワクし始める人が増える時期ではないでしょうか?

某ウイルスの一件で世間はあれこれ自粛ムードですが、それに負けずヒーローは現在も元気に稼働しております!!

 

 

さて今回はホームページ制作時に大切な、「患者さん目線」について少しお話しさせていただきます。

一般的に、患者さんがクリニックに対して知りたい情報とはどんな情報なのでしょうか?

 

①クリニック、先生、スタッフの雰囲気

患者さんは誰しも、安心して通院したいという気持ちがあります。

どんな雰囲気のクリニックなのか、どんな先生に診察してもらうのかが事前に分かるのは安心感にも繋がりますね。

クリニックの外観や院内の写真をホームページに掲載すると、雰囲気が伝わるのはもちろんですが文章ベースのホームページよりも華やかになります。

 

②診療内容に関する細かい内容

先生やスタッフは医療の専門家ですが、患者さんは医療の素人です。先生やスタッフにとって当たり前のことでも患者さんは知らないということも多いはずです。

細かい内容とは言っても、患者さんは医療の素人。専門用語や機器の名前で説明しても魅力は伝わりにくいのが実際です。

診療科目や診療内容について、患者さん目線で丁寧に説明してあげることが患者さんの不安を取り除いてあげる一つの策になります。

 

③診療時間、アクセス

クリニックがどこにあって、どのように通えるか、いつ診療しているのか。

この3点は患者さんが通院するにあたって必須の情報になります。

事前に患者さんに対して情報発信をしないと、せっかく来たのにお休みか…。なんてことにもなりかねません。

日々診療していると臨時休診などあるかと思いますが、ホームページ内のお知らせ欄を使用し、患者さんに対して事前に情報発信してあげると信頼度が高まりますね。

 

いかがでしょうか?

ホームページなどのWEB媒体は、見たい人が見たい時にいつでも主体的に見ることができるものです。

①〜③の患者さんが求めている情報をしっかりとまとめて情報発信してあげることで患者さんがクリニックに来院する際のハードルがグッと下がりますね!!

 

弊社は、ホームページのお打合せの中で先生からヒアリングさせていただいた情報を元に、先生ならではの特徴をおまとめし、患者さん目線で考えた時にその特徴が患者さんにとって有益な情報なのかを先生と一緒に考えながら制作させていただける会社です。

医療専門の広告会社だからこそ、先生とも患者さんとも目線を揃えながら制作できるのではないかと思います!

ホームページ制作をお考えの先生はぜひ一度、ヒーローへご相談ください!

Views All Time
1
Views Today
3

Categorys

Tags

Authors

北原愛子

北原愛子

福岡県出身。
延塚裕次

延塚裕次

こんにちは!延塚です。 ・WEB戦略について相談がある方 ・開業時の広告戦略について相談したい方 ・何から始めれば良いかわからない方などなんでもお気軽にご相談ください。