患者動線

患者動線

皆さん、こんにちは!!
大阪支店の北村です。

いよいよ12月となり、寒さもグッと増してきた感じです。師走ということで、世間も何だか慌ただしい雰囲気になってきましたが、1年をしっかり締め括るためにも何事も早めに動いてゆとりある年末年始を迎えたいものです。

さて今回は、患者さんがクリニックに来院するまでにどのような動きをするか。という部分を考えてみたいと思います。

以前は自宅や職場の近くにあるというだけでクリニックを選んでいる傾向がありました。
もちろん今でも生活圏に近いということは、クリニックを選ぶ上で大きな要素ではあります。ただ、令和の時代ではそれだけではクリニックには来てくれないようです。

まず、患者さんが来院するまでの動線の一番初期である『認知』という段階をクリアーしたにすぎません。
開業する立地に大きく影響されますし、認知してもらうためにはよく目立つ看板も重要なアピールになります。
まずは「ここにクリニックがありますよ」ということを知ってもらわなければいけません。そこが第一段階です。

次に患者さんが取る行動としては、『比較』です。
「ここにクリニックが出来たんだ!どんな先生かな?」「どんな雰囲気のクリニックだろう?」「専門分野は?」など、スマホ片手に調べに調べて、「良さそうなクリニックだ!」と納得してから来院する。という流れです。

それが例えば親しい友人から「あそこのクリニック良かったよ!」と聞いても、必ず自分で調べるという行動が挟まります。

つまり、まずは『認知』してもらい、他院と『比較』し検討したうえで初めて足を運ぶ。ということです。

看板を見て知ってもらい、ホームページを見てクリニックの良さを感じてもらう。

実はこれ、ヒーローイノベーションがどっちも得意なことなんです!!

 

クリニックの広告でお困りでしたら、医療専門の広告会社のヒーローイノベーションまでお気軽にご相談ください。

 

大阪支店
北村

Views All Time
1
Views Today
2

Categorys

Tags

Authors

北原愛子

北原愛子

福岡県出身。
延塚裕次

延塚裕次

こんにちは!延塚です。 ・WEB戦略について相談がある方 ・開業時の広告戦略について相談したい方 ・何から始めれば良いかわからない方などなんでもお気軽にご相談ください。