検索アルゴリズムの変遷について

検索アルゴリズムの変遷について

お久しぶりです!

もう気付いたら4月ですね。東京は先週桜が満開で、最近はもう散り始めている今日この頃です。しかし、コロナウィルス が猛威を振るい大変な時期ですね。なるべく3密に近づかないようにし、マスクを付け、手洗いうがいと日頃の食事で栄養を取って、しっかり休息をとり、コロナウィルス に罹患しないようにみなさん気を付けましょうね!

早速本題ですが、前回私の会では代表的なインデックスとアルゴリズムに刷新についてお話し致しました。今回は検索アルゴリズムに変遷についてお話ししたいと思います。下記の説明により時代によって、内部要因と外部要因の比率が変わっていくのが分かるかと思います。

まずは黎明期(~2010年)。外部の時代と言われています。人工リンクや内部スパムが主流の時代と言われており、内部要因が約20~30%、外部要因が60~70%、その他が5%未満と言われている時代です。

次に、成長期(~2013年)。内部+外部の時代と言われ、内部の分析力が格段に向上した時代と言われております。この時期は、内部要因約50%、外部要因が約50%、その他が5%未満と言われている時代です。

この後が進化期(2014年~)内部+コンテンツの時代と言われてます。ユーザー意図が理解が向上した時代でもあります。この時期は内部要因が約60~70%、外部要因が約20~30%、その他10%未満といれてるようです。

そして、現在~未来にかけてはRankBrain、ニューラルマッチング、モバイルファースト、E-A-T、構造化データ、ユーザー行動、ユーザー体験がキーワードと言われております。

我々、ヒーローイノベーションは医療に特化した広告会社です。これからの内部要因の中でどれか一つ上げるとすれば、E-A-Tが重要だと考えております。EはExpertise(専門性)コンテンツ作成者に十分な知識があること。AはAuthoritativeness(権威性)コンテンツ作成者やウェブサイトが、その分野の権威でること。TはTrustworthy(信頼性)コンテンツ作成者やウェブサイトが、信頼できること。これが医療ホームページ制作する上で重要と考えております。

ヒーローイノベーションは、上記の内容を組み込みながらこれからも品質の高いサイトをご提供させていただきます。

次回は、アルゴリズムの順位変動が起こる理由についてお話しできればと思います。

それでは、また!

※パーセンテージの比重は正確のものではなく、あくまでも推測なります。

Views All Time
1
Views Today
3

Categorys

Tags

Authors

北原愛子

北原愛子

福岡県出身。
延塚裕次

延塚裕次

こんにちは!延塚です。 ・WEB戦略について相談がある方 ・開業時の広告戦略について相談したい方 ・何から始めれば良いかわからない方などなんでもお気軽にご相談ください。