検索キーワード

検索キーワード

みなさん、こんにちは。

福岡支店の西島でございます。

 

令和2年になり、初めてのブログになります。

本年もどうぞよろしくお願い致します。

近頃は「コロナウィルス」に怯える日々でございます。

そして、そこから派生してトイレットペーパー・ティッシュも枯渇状態に。。。

お子様がいるご家庭は特に困っているのではないでしょうか?

私も子供が3人おり、トイレットペーパー・ティッシュの消費量は多く、ストックが少なくなったところでこの状況になり、

非常に焦っておりました。なんとか友人・両親などから譲り受け、難は逃れた、、そんな近況でございました。。

 

 

さて、今回は「検索キーワード」についてお話しさせて頂ければと思います。

みなさんもクリニックを検索する際はどんなキーワードで検索されるでしょうか?

「クリニック名」単体だったり、「地域名 科目名」で検索することが多いと思うでしょうか?

これは「ビックキーワード」と言い、検索される回数は多いが、競合が多く、上位表示が難しいと言われています。

でも実は「病気や症状」「医療機関の特色」をキーワードとして検索されていることが多いんです。

例えば、「胃がムカムカする」「目がかすむ」「息切れしやすい」「眠れない」「歯が欠けた」「口臭が気になる」「内視鏡検査」「CT診断」「白内障手術」「キッズスペースあり」「WEB予約」「駐車場あり」「バリアフリー」・・・

挙げれば、すごい数のキーワードが出てきますね。

これを「ロングテールキーワード」と言い、検索される回数は少ないが、キーワードの種類が多く、検索に引っかかりやすくより多くの人にホームページを見てもらうことができます。

 

 

自分のクリニックがどういったキーワード(ロングテールキーワード)で検索されて、検索に引っかかってくるのか、引っかかってきて欲しいかを考えてみると、ホームページのコンテンツ内容も変わってくると思います。

みなさんも一度、検索キーワードの視点からクリニックとしての治療のこと、環境のこと、など整理してみるのもいかがでしょうか?

 

 

余談ですが、トイレットペーパーを探して「トイレットペーパー 在庫あり 私が住んている地域名」で私は検索しました。

どこのスーパーもスッカラカンの情報が出てきました!

みなさん、トイレットペーパーはすぐには無くならないので、デマには騙されないようにご注意を!!

Views All Time
1
Views Today
4

Categorys

Tags

Authors

北原愛子

北原愛子

福岡県出身。
延塚裕次

延塚裕次

こんにちは!延塚です。 ・WEB戦略について相談がある方 ・開業時の広告戦略について相談したい方 ・何から始めれば良いかわからない方などなんでもお気軽にご相談ください。